dotONE アート掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色

題名:半間道子展  名前:hiroshi 2014/08/23(土) 18:18 No.1061  操作


1061の画像を原寸大表示します 『過去に流れていた時間について』

9月2日〜9月10日
11:00−18:00 最終日17:00
新潟絵家
新潟市中央区上大川前通り10番町1864
☎ 025-222-6888



題名:耀樹孝鷺鶯(ヨウナコウサギウグイス)個展 『SEPTEMBER - 九月 - 』 
名前:EARTH+GALLERY 2014/08/23(土) 17:22 No.1060  HomePage 操作


1060の画像を原寸大表示します ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会期: 2014年9月13日(土)〜9月28日(日)
企画: EARTH+GALLERY
入場: 無料
主催: EARTH+GALLERY(株式会社ZEエナジー)
時間: 11:00〜19:00 (最終日は17:00まで) 月曜休廊
※オープニングレセプション 9月13日(土)18:00〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この度EARTH+GALLERYでは、昨年に引き続き2001年より国内外で活躍する現代美術アーティスト、耀樹孝鷺鶯(ヨウナコウサギウグイス)の新作展を開催いたします。

氏は、日常の中で生まれる「瞬間」の蓄積、解体、選別、配置を推敲するように繰り返すことによって抽出された「瞬間」を作品として描き続けています。また、もともと文筆家としてデビューしている氏によって時折添えられる文字化したイメージの集積は、作品をより一層ポエトリーに表出させます。

本展では、これまで試みてきたマンガモーメントの表現とは一線を画した、氏の編纂されたイメージの集合体をご覧頂けます。この機会に是非ご高覧ください。


徐々にマンガモーメントから離れていくようで、マンガ的瞬間を切り取り俳句的に組み立てる作業はほぼ無くなり、マンガ的瞬間をバラバラにして、ふるいにかけて、更に選別し、1週間天日干しのあと、着色に至る作業へと進化しております。
煩悩という添加物により、作品は艶と永遠の命を得て、私の手から離れます。

達者でな

−耀樹孝鷺鶯−


■お問い合わせ■
EARTH+GALLERY
東京都江東区木場3-18-17 1F
tel:03-5809-9949
mail:info@earth-plus.net



題名:大津正則 油彩展  名前:hiroshi 2014/08/18(月) 20:16 No.1059  操作


1059の画像を原寸大表示します 9月7日〜15日
10:00-16:00 最終日15:00
作家在廊日・・・8日〜最終日

ギャラリー彩
新発田市黒岩104
☎ 080-1184-3930



題名:やまぼうしセレクション  名前:hiroshi 2014/08/18(月) 20:10 No.1058  操作


1058の画像を原寸大表示します ■作家たちの魂の叫び 刻む■

8月25日〜9月2日
9:30-17:00 最終日16:00まで 水曜定休

・亀倉靖之 ・隠岐安弘 ・小柳一男 ・馬場真衛門  ・渡辺信二

ギャラリーやまぼうし
新潟市秋葉区あおば通 1-10-9
☎ 0250-25-1181 



題名:ARTY PARTY 関連企画 サカモトサトウ(仮)「空からかき氷」 
名前:gallery COEXIST-TOKYO 2014/08/10(日) 17:36 No.1057  HomePage 操作


1057の画像を原寸大表示します ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会期: 2014年8月26日(火)、27日(水)
入場料: 昼の部:お子様 500円/大人 1,000円 夜の部:1,500円(1drink付)
時間: 昼の部:10:00〜17:00/夜の部:19:00〜22:00
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回のそうめん流し装置に引き続き、サカモトサトウ(仮)による納涼イベント「空からかき氷」を開催いたします。
今まで体験したことのないかき氷、是非この機会にご高覧&お楽しみください。

「パパ、ママ、かき氷って空から降るの?」

参加のお申し込みはメール、または、
FBイベントページ:http://urx.nu/aD5Kにて「参加する」をクリックで承ります。


■お問い合わせ■
EARTH+GALLERY
東京都江東区木場3-18-17 1F
tel:03-5809-9949
mail:info@earth-plus.net



題名:冨士山アネット/Manos.(マノス)『醜い男』公演 
名前:冨士山アネット 2014/08/09(土) 15:58 No.1056  HomePage 操作


1056の画像を原寸大表示します 「ダンス的演劇(テアタータンツ)」にて独自の舞台を提示してきた冨士山アネット。演劇に特化したユニット冨士山アネット/Manos.(マノス)が本格始動!
2007年ベルリン・シャウビューネにて初演後、世界30カ国以上で上演された、ドイツ現代作家マリウス・フォン・マイエンブルクによる[醜い男]に挑みます。
冨士山アネット/Manos.(マノス)初の単独本公演にて、東京、福岡、京都の3都市ツアー。

■公演詳細
期間:2014年9月5日(金)〜16日(火)※他、地方公演あり
会場:東京芸術劇場 アトリエイースト
出演:板倉チヒロ(クロムモリブデン)、中林舞、大原研二(DULL-COLORED POP),
福原冠
脚本:マリウス・フォン・マイエンブルク
構成・演出・振付:長谷川寧
詳細はこちら→http://fujiyamanet.wix.com/minikui

■料金
早割(9/10迄)
【一般】前売2,800円 当日3,300円
【学生】前売2,500円 当日2,800円(※要学生証提示)
9/11〜
【一般】前売3,000円 当日3,500円
【学生】前売2,700円 当日3,000円(※要学生証提示)
※全席自由
※未就学児入場不可

■スケジュール
9月05日(金) 20:00★
9月06日(土) 15:00、18:30★
9月07日(日) 15:00★
9月08日(月) 休演日
9月09日(火) 20:00★
9月10日(水) 15:00、20:00
9月11日(木) 20:00★
9月12日(金) 20:00
9月13日(土) 15:00、18:30
9月14日(日) 11:00、15:00
9月15日(祝) 15:00
9月16日(火) 14:00
★‥アーティストトーク有。ゲストは後日発表。

■あらすじ
「でもあなたの顔は、残念だけどとてもとても醜い。」
エンジニアのレッテはその外見の醜さゆえに、
自らが開発した新製品を学会で発表する晴れの舞台から降ろされてしまう。
本人の無自覚さとは裏腹に、その醜さは妻にも目を逸らされる程おぞましいものだった。
初めて自分の顔の醜さを知ったレッテは、美容整形を受ける。
其処で得た顔は、「尋常でない成功例」。
完璧な顔によりその後彼の人生は劇的に変わって行くが・・・。

■取扱い
・CoRich舞台芸術
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=44703
・東京芸術劇場ボックスオフィス
電話:0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)
WEB:http://www.geigeki.jp/t/(PC)、http://www.geigeki.jp/i/t/(携帯)

■問合せ
冨士山家:080-5496-7555
fujiyamanet@gmail.com http://fannette.net/

主催:冨士山アネット
提携:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
助成:芸術文化振興基金




題名:荻野僚介 "cannot see clearly" 
名前:gallery COEXIST-TOKYO 2014/08/02(土) 17:04 No.1055  HomePage 操作


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会期: 2014年9月13日(土) - 10月19日(日)
時間: 11:00 - 19:00 月曜休廊
入場: 無料
会場: gallery COEXIST-TOKYO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この度、gallery COEXIST-TOKYOでは、荻野僚介(おぎの・りょうすけ)の個展を開催する運びとなりました。

荻野はBゼミスクーリングシステムで美術を学び、これまでに平面作品を中心に発表してきました。キャンバスにアクリル絵具を用いた画面は、フラットに仕上げられ、筆触が消されています。表面の
、制御され、取り澄ました表情と濁りのない明晰な色合い、そして簡略化されたモチーフの形態が緊密に構成された画面は、まるでサイン(標識)のように目を引きます。

通常サインというものは、道路標識やトイレの男女のマーク、優先席など、人の注意を促すため、人の目を引く色合いを使用し、象徴的な図柄を用いることによって一目で見てそれが何を意味しているのか、誰にでもわかるように作られています。

しかし、荻野の作品は、平坦に仕上げられた色面の強さと、描かれたモチーフの奥行きを失い、記号のようになった無機質な形態が、まるで何かを伝えようとしているかのように見えるにもかかわらず、それが何を意味しているのか読み取ることは不可能であることに気づかされます。

このことは、荻野が自身の作品を表現した言葉「声量のない大声」ーー大声をだしているということは視覚的に受け取れるのだが、声量がないので何をいっているのかさっぱりわからないーーのイメージと重なります。そして内容が不明である分、「大声」は視覚的に純粋な形で伝わってくるのです。

意味内容から解き放たれ、コンセプトの痕跡を消し、ミニマルであることに手を振りつつ、具象絵画と抽象絵画の間をすり抜けた荻野の作品は、絵画が絵画としてのみ存在する純粋性の上に成立しているかのように見えます。それは、私たちの知覚を刺激しながらも決して踏み入らせることのない、自律した絵画であると言えるのではないでしょうか。


■お問い合わせ■
gallery COEXIST-TOKYO
tel:03-5809-9949
mail:info@coexist-tokyo.com
URL:http://coexist-tokyo.com



題名:"I am there" 小沢裕子/伊左治雄悟 
名前:gallery COEXIST-TOKYO 2014/07/27(日) 18:36 No.1054  HomePage 操作


1054の画像を原寸大表示します ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会期: 2014年8月9日(土) - 9月7日(日)
企画: gallery COEXIST-TOKYO
入場: 無料
主催: 株式会社ZEエナジー
時間: 11:00 - 19:00 月曜休廊
※オープニングレセプション 8月9日(土)17:00 - 19:00
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この度、gallery COEXIST-TOKYOでは、美術家の小沢裕子(おざわ・ゆうこ)と伊左治雄悟(いさじ・ゆうご)の二人展を開催する運びとなりました。

”I am there” このタイトルは、理論物理学者をモチーフにした、以下のようなジョークから引用したものです。

二人の理論物理学者が登山中に道に迷いました。そのうちの一人が地図を広げ、しばらくして言いました。
「君、向こうの山が見えるかい?」
「ええ、見えますよ」
「理論上、我々はあの山にいるようだ」

現実に起こりうる既知や未知の現象をシミュレーションする手段でありながら、あまりにも複雑な理論物理学を皮肉ったこのジョークには、頭の中で距離や時間を無視してしまう人間の奇癖が見え隠れしています。


本来そうあると私たちが信じ込んでいる世界の姿が、案外そうでは無いのかもしれないと気づいた時、自嘲気味に笑いが込み上げてくる、そんな経験が皆さんにもあるのではないでしょうか?

本展では、そんなふうに思わず「くすり」と笑ってしまうような作品を発表してきた二人の作家をご紹介します。

小沢裕子は、映像や文学、写真を組み合わせた作品を制作しています。小沢自身がテレビを観ている時に感じているように、彼女の作品の鑑賞者は画面越しに「無名の傍観者」となり、彼女が創り出す、わたし/彼/あねた、の立ち位置が曖昧な世界に引き込まれます。

一方、伊左治雄悟は、現実に起こり得ないような現象を彫刻作品に落とし込み、目の前に提示することで、現実には起こらなかったはずの世界を想像する事を求めています。今回の出品作品である割れた器の内と外をわざわざ逆に金継ぎした作品は、物事を追求すると現実離れした結論を導きだす先の理論物理学者のジョークを思わせます。

まったく表現方法の異なる二人の作家ですが、その根底には本来”そうである”とされている姿をほんの少しずらすこと既成概念に揺さぶりをかけるという共通点があります。二人の新鮮かつシニカルな視点を本展にてぜひご高覧ください。


■お問い合わせ■
gallery COEXIST-TOKYO
東京都江東区木場3-18-17 2F
tel:03-5809-9949
mail:info@coexist-tokyo.com
URL:http://coexist-tokyo.com



題名:汪 京元・三界空間抽象絵 展覧会  名前:kingen 2014/07/23(水) 19:51 No.1053  HomePage 操作


1053の画像を原寸大表示します 8月2日(水)〜8月6日(日)
東莞市天雅火鄉文化傳播有限公司
廣東東莞市藝展中心A館3樓大有自在美術館
___________________

 三界とは色界、無色界、欲界。
 この三界で、有限空間から無限に越える。
 中国からの抽象絵師―汪 京元さんの作品を
 この機会にお紹介させていただきます。
 よろしくお願い申し上げます。



題名:林 裕次郎 展  名前:hiroshi 2014/07/23(水) 16:58 No.1052  操作


1052の画像を原寸大表示します ーシリーズ「廃市(祈りのスペース)」ー

8月2日〜28日
10:00-17:00
ギャラリー宮本
長岡市宮本東方町52-1
0258-47-4105


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77]
[過去ログ] [1]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 1
09/17 (月) 1
08/26 () 1
08/05 () 1
08/04 () 1
08/02 (木) 1
合計: 6641

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web