原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名小林耕二郎 低地|Hollow
コメント //////////////////////////////
会期: 2014年12月13日(土)〜2015年1月25日(日)
※12月28日〜1月7日は冬期休廊となります。
企画: gallery COEXIST-TOKYO
入場: 無料
主催: 株式会社ZEエナジー
時間: 11:00〜19:00
☆オープニングレセプション:12月13日(土)18:00〜
//////////////////////////////

小林は、2003年多摩美術大学大学院彫刻専攻を修了し、立体・映像・ドローイングなどを用いたインスタレーションで、総体としての彫刻を制作することを中心に活動を続けています。

かつて地球を被っていた海から隆起した陸地は、やがて風雨に浸食され、低地が作られる。土地は削り取られ、堆積物が流されることで地層が露になり、そこへ新たな堆積物が溜まる。削り、運ばれ、足されることで生まれる風景。脆く、崩れやすい大地は、絶え間なく変化し続けている。
小林は、絶えず変化し続ける流動的な状態を凝固し、別のベクトルへと導こうと試みます。一瞬の硬直をみせる風景は、年月とともにまたその緊張を解き、緩やかに次の状態へと移っていくのでしょう。

小林の試みは経年による変化に耐えて、なおも造形物としての佇まいを保ち屹立するもの、有機体を有機体として成立させるエッセンスを開示しようとしているように思えてなりません。

本展では、不安定状態である場所を指し示すものとしての彫刻、そこで為される行為、内部にある状態を視覚化することをコンセプトに『緩やかな傾斜地(近景) - 穴(中景) - 暗がり(遠景)』の構成で、総て新作による展示をおこないます。
ぜひご高覧いただけますようご案内申し上げます。

■お問い合わせ■
gallery COEXIST-TOKYO
tel:03-5809-9949
mail:info@coexist-tokyo.com
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 388pixel × 582pixel (34 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs8.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=1947

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト